生活費が足りなくなりキャッシング

生活費が足りなくなりキャッシング

それまでは一度もキャッシングを利用したことはありませんでした。

ある時、友人の結婚式が続いた時がありました。
もともと給料が多い方ではなかったので、出席にするかとても迷いました。
しかし、学生時代からの大事な友人だったのでやっぱり出席したいと思いました。
親に頼むのも申し訳ないし、心配もかけたくなかったので思い切ってキャッシングを利用してみることにしました。
思っていたよりもお店の雰囲気が良くびっくりしました。
審査も通り、その後すぐにお金を貸してもらえてとても助かりました。
返済も、ある期間無利息の所を選んだので無理なく返すことが出来ました。
今ではすべて返済し、それ以来利用していませんが、また困ったら利用しようかなと思います。

キャッシングは利息の払い過ぎに注意

 キャッシングを利用するとき、注意しなければならないのはその利息です。よくテレビCMでキャッシングによる過払い金の返還について弁護士事務所が宣伝していますが、過払い金があるということはそれだけ多く利息を払い過ぎているということです。

 

 過払い金が返還されれば得をしたような気持ちになるかもしれませんが、弁護士など手続きをしてくれた人に報酬を払わなければいけないのですから、やはり最初からそういうキャッシング業者は利用しないことが1番重要だとわかります。

 

 ですので、後々過払い金請求をしなくても済むようなキャッシング業者から借りるべきだと私は思っています。

冠婚葬祭が続いたらキャッシングで解決

社会人になって5年目にもなると、同期や友達の間で結婚する人が急に増えだしました。

それで秋には毎週のように結婚式ラッシュです。
ご祝儀を用意するのも大変ですが、女性は着ていく服や髪のセットにもお金がかかります。
着る服はゲストがだいたい同じメンバーなので、いつも同じ服というわけにもいきません。
その時に役立ってくれたのが、キャッシングです。
以前キャッシングカードを作ったことがあり、それが活躍してくれました。
最初はキャッシングカードを作るともらえる特典目当てでカードを作ったんですが、これのおかげで親に頼らずにお金を工面できたのでよかったです。