MENU

カードローン借り換え徹底比較ガイド|金利を安くまとめられる銀行はどこ?

生活費が足りなくなりカードローンの借り換え

それまでは一度もカードローンの借り換えを利用したことはありませんでした。
ある時、友人の結婚式が続いた時がありました。
もともと給料が多い方ではなかったので、出席にするかとても迷いました。
しかし、学生時代からの大事な友人だったのでやっぱり出席したいと思いました。
親に頼むのも申し訳ないし、心配もかけたくなかったので思い切ってカードローンの借り換えを利用してみることにしました。
思っていたよりもお店の雰囲気が良くびっくりしました。
審査も通り、その後すぐにお金を貸してもらえてとても助かりました。
返済も、ある期間無利息の所を選んだので無理なく返すことが出来ました。
今ではすべて返済し、それ以来利用していませんが、また困ったら利用しようかなと思います。

カードローンの借り換えは利息の払い過ぎに注意

カードローンの借り換えを利用するとき、注意しなければならないのはその利息です。よくテレビCMでカードローンの借り換えによる過払い金の返還について弁護士事務所が宣伝していますが、過払い金があるということはそれだけ多く利息を払い過ぎているということです。

 

 過払い金が返還されれば得をしたような気持ちになるかもしれませんが、弁護士など手続きをしてくれた人に報酬を払わなければいけないのですから、やはり最初からそういうカードローンの借り換え業者は利用しないことが1番重要だとわかります。

 

 ですので、後々過払い金請求をしなくても済むようなカードローンの借り換え業者から借りるべきだと私は思っています。

冠婚葬祭が続いたらカードローンの借り換えで解決

社会人になって5年目にもなると、同期や友達の間で結婚する人が急に増えだしました。
それで秋には毎週のように結婚式ラッシュです。
ご祝儀を用意するのも大変ですが、女性は着ていく服や髪のセットにもお金がかかります。
着る服はゲストがだいたい同じメンバーなので、いつも同じ服というわけにもいきません。
その時に役立ってくれたのが、カードローンの借り換えです。
以前カードローンの借り換えカードを作ったことがあり、それが活躍してくれました。
最初はカードローンの借り換えカードを作るともらえる特典目当てでカードを作ったんですが、これのおかげで親に頼らずにお金を工面できたのでよかったです。

 

主婦でも借りれるなんて嬉しいです
友人にお金を借りていました。独身時代の事です。その友人が久しぶりに我が家を訪ねてきました。そしてお金を返してほしいと言われたのです。正直忘れていました。私は借りた事をずっと忘れていたのです。

 

十万円借りていたのです。友人が結婚をするから、結婚資金のために返してほしいと言われたのです。もちろん借りたものは返さないといけません。私は仕方がないので、夫に秘密でお金を借りました。父に保証人になってもらったのです。父はとても怒っていましたが、父もお金がないので貸す事ができないからせめて保証人にはなってやると言ってくれたのです。

 

この事は全て夫には内緒です。結婚前の借金も、父に保証人になってもらってお金を借りた事も内緒です。絶対に言えません。でも今回は父に迷惑をかけてしまいました。何とか早く借金を完済しようと思います。

 

夫にばれないように、完済するためにも私は働きに出ようと思います。主婦でもお金は借りれましたが、返す事は大変なのです。

 

カードローンの借り換えサービスを利用するまでの抵抗

 

収入が今ひとつ厳しい時期が続き、光熱費や家賃などに関する支払いが滞りそうな時期がしばらく続きました。

 

しばらくはなんとか持ちこたえ、伸ばせるものは伸ばしたものの、やがてそれも追いつかなくなり、カードローンの借り換えに手をだそうかと随分悩んだものです。

 

 

 

生活費程度なら数万円のことなので、そんなに悩む程でもないのかもしれないけれど、最も恐かったのはカードローンの借り換えが癖になってしまうこと。

 

そして借りることでその月は支払いをすることができたとしても、結局収入が増えたわけではないので、負担が増えているばかり、その重圧が恐くてなかなか借りることができませんでした。

 

 

 

破産とか、支払いに追われて毎日怯えながら暮らすとか、そんな悪いイメージばかりが先走って頭の中でうずまいてしまいました。

 

 

 

しかし結果的にどうしても足りなくなり、わずかばかりですがカードローンの借り換えを利用することになりました。即日口座に振り込まれていて、なんとかその月は無事に乗り越える事ができました。

 

 

 

気持が落ち着いたところで、切り替えて次の月からの収入のことを落ち着いて考えよう、という気持になりました。

 

パチンコ依存症
じぶんは現在28歳の男性会社員をおこなっております。これは自分が20代前半の話となりますが、自分は高卒で入社をおこないました。それで最初は同期や先輩との人間関係はうまくいっていたのですが、自分が20歳時に仕事で大きなミスをおかしてしまったのです。それからは同期との人間関係などもうまくいかず、そして先輩にも相手にされない日々が続き、自分はやけをおこしてギャンブルに走ってしまいました。半年ほどはずっと勝続いていきました。一月で70万ほど稼いだこともありました。それで会社をやめてこれだけ食べていけるのではないかとも考えて有頂天になっておりました。しかし、それは最初の話だけでそれからは負け続いてしまい、モビットさんに50万のカードローンの借り換えを行いました。それで勝負をしましたが、一月で全て飲まれてしまい、半年後には150万円まで借金が膨れがっていたのです。現在ではしっかりと真面目に働いて借金を返済中であります。ギャンブルには皆さん、注意してください。

 

月収七万円のフリーターが消費者金融からお金を借りた理由をお話します…

 

「もう借りるしかないかな…」

 

 

 

今から4年ほど前、私は消費者金融からお金を借りました。当時の月収は七万円でした。そのなかで、大学時に借りていた奨学金の返済、食費、職場への交通費、知人からの借金などで非常に苦しい状況でした。

 

 

 

そして、「もう消費者金融からお金を借りるしかないかな…」という気持ちが出ました。私は、携帯からある消費者金融のホームページを開きました。ページを開き、まずは融資を受けられるかどうかのチェックをしました。結果は大丈夫でした。

 

 

 

そこで、私は電話をしました。オペレーターの女性が丁寧な対応をしてくれ、「たぶん、融資は大丈夫だと」言われました。契約をする専用の機械がある場所に来るよう指定され、私は電車で30分掛けて、その場所まで行きました。そこでも、オペレーターの女性が丁寧な対応をしてくれました。私は限度額30万円まで借りれる契約をしました。

 

 

 

現在、私はその当時ほどは、お金に困ってはいませんが、必要な時に借りています。借りないにこしたことはありませんが、どうしても借りるしかない時があります。もし、あなたも消費者金融からお金を借りる時は、無理なく返済できる分だけ借りることをおすすめします。

 

私がカードローンの借り換えを決意した時
お金が足りないというのは、とても情けないことです。特に遊び金ではなくて生活費が足りなくなってくると、本当に生きるのが苦しくなってくることもあります。

 

そんな時は借金するのもやむを得ませんが、しかし、借りたお金は返さなければなりません。しかも利子を付けてです。そのことを思うと、気軽に借りるわけにはいかないのです。

 

ですから私が生まれて初めてカードローンの借り換えをした時も、「借りようか、それとも借りないでおこうか」さんざん迷いました。結局、私は10万円ほど借りたのですが、その時の決断理由が、「いざとなったら食事を減らそう」でした。

 

つまり、毎月1万円のリボルビング返済に行き詰まってしまったら、その時にはパンと水だけの食事で耐え忍ぼうと考えたのでした。そうすれば毎月1万円は、何とか捻出できる計算でした。

 

実際、返済中はそれに近いような時期があって、月の半分くらいパンと水だけで過ごしたことがありました。

 

これは今から20年以上も昔の、独身時代のひもじかった頃の話です。今では切なくも懐かしい思い出です。
カード利用しすぎて自分の貯金がなくなりました
自分でお金を稼ぐようになり、カードで毎月清算をするようになりました。お金を自分では使っていない、現金は手元にあるからという感覚で何でもかんでもカードで購入し、通販も利用したりしていて月の返済は基本的に十万円を超えていました。

 

それでも手取りは十五万円あったので大丈夫だろ、と思いバンバン買い物をしていたのですが、ついに支出のほうが収入よりも多くなってしまい、貯金してあったお金も全部使ってしまいました。

 

本当はその時点で自制すればいいのですが、来月お金入ってくるから大丈夫だろ、と根拠のないことを思いまたお金を使い、そんな生活がずっと続いていました。

 

そしてあっという間に生活が成り立たなくなり、日々の生活にも困るようになりました。しかし、当時はさして危険性を知らされていなかったリボ払いという手段これをとってしまいました。

 

リボ払いは借金よりも返済する金額が多く、自分で使ったお金の倍くらいお金を返さなければならなくなってしまいました。返済するのが毎月きつく、精神的にも追い詰められたり、何もお金を使っていないのにリボ払いしなければならない、というのは本当につらかったです。

 

こんなことならどこか信用の出来るところからキチンとお金を借りて返済したほうが安全だったなぁと思ってしまいました。
参考リンク:借り換えローン術